【教えてレシピ】お出汁まで味わい尽くすホタテの簡単レシピ

2021.04.01

【教えてレシピ】お出汁まで味わい尽くすホタテの簡単レシピ

1年中、簡単に手に入れることのできるホタテは、身近な貝類ですね。ホタテには、うま味成分が豊富に含まれているので、お料理に加えるだけでワンランク上の味に仕上げることができますよ。今回は下処理などのいらない、一口サイズのベビーホタテを使ったレシピをご紹介します。今回も教えてくれたのは、料理家・さやか先生です。

低カロリーで栄養満点のホタテ

ホタテは年末から卵が成長し春にかけて大きく育ち、その卵から美味しいお出汁が出ます。また次の旬である夏には、貝柱がもっとも大きく育ちます。一方で、ホタテ稚貝であるベビーホタテは冬〜春の時期に多く出荷されます。どちらも低カロリーながらビタミンB1とタウリンをはじめ、多くの栄養素が含まれています。そんなホタテの上品で深い旨みを生かしたレシピをご紹介します。

シンプルだけど染み入る美味しさ「ホタテとクレソンのおひたし」

<材料>

ホタテ … 100g

クレソン … 1束(約100g)

出汁 … 300cc

酒 … 大さじ1

みりん … 大さじ1

薄口醤油 … 大さじ1/2

<作り方>

①出汁に酒、みりん、薄口醤油をいれさっと一煮立ちさせてアルコール分を飛ばす。

②ホタテをいれる。

③もう一度沸いたら、クレソンをいれ、さっと火を通せば出来上がり!

クレソンは緑が鮮やかになったかな?くらいのタイミングで仕上げるのがポイント。シャキシャキとした歯ごたえも残り、美味しく食べられます。お出汁の中にホタテの旨みが溶け出しますので、たっぷりのお出汁とともにいただいてください。飲み干したくなる美味しさです。

お焦げが最高「ホタテとアスパラのバター醤油炊き込みごはん」

<材料>

ホタテ … 100g

お米 … 3合

アスパラ … 5本

バター … 15g

醤油 … 大さじ2

塩 … 小さじ1/2

<作り方>

①フライパンにバターを溶かして、ホタテを炒める。

②さっと茹でたアスパラ、醤油を入れたら火を止める。

③洗って浸水しておいたお米に、ホタテだけをのせ、アスパラは別の容器にとっておく。

④フライパンに残った調味液に塩、水を足し、炊飯に必要な水分になるように調整する。(鍋で炊く場合はお米と同量に、炊飯器で炊く場合は目盛りまでになるように入れる。)鍋で炊く場合は沸騰させてから15分弱火で炊く。

\Point!/ ホタテのお出汁を余すことなく使います。

⑤ご飯が炊き上がったら炒めておいたアスパラを戻し、全体をざっくりと混ぜ合わせたら完成!

口に入れるとホタテの旨みとお醤油の香り、そしてほのかに追いかけてくるバターの香りが良く、ついつい箸が進みます。鍋肌のお焦げの香ばしさもクセになること必至ですよ。アスパラは一緒に炊き込まないで、美しい彩りを生かしてください。炊き込みご飯なら、副菜が少なめでも大満足間違いなしです。

栄養価も高く、手軽に丸ごと使えるベビーホタテ。炒めものにも、煮物にもそのお出汁ごといただけるメニューがオススメです。もちろん、貝柱が肉厚なホタテで作れば、豪華な気分も味わえますよ。この時期にぜひ、味わってみてくださいね。

お求めはフジ・フジグランの鮮魚コーナーでどうぞ。
※一部取り扱いのない店舗がございます。