Home 採用情報 人事制度

採用情報メインビジュアル

職能資格制度
能力の開発と有効活用を目指す能力主義人事において、従業員一人ひとりの能力、つまり能力の発展段階に応じて育成・活用そして処遇をしていこうという考え方のことを職能資格制度と呼んでいます。
(ジュニア・リーダー・副主事・主事・参事・参与までの職級があります)
職能資格制度チャート図


評価制度
「課題達成型組織づくり」のために方針・目標の達成度を評価に組み入れています。

目標設定

中間面接

目標達成

自己評価

上司評価

フィードバック

本人と上司で面談を行って目標を設定し、中間面接で上司のアドバイスを受けながら目標を達成します。
自己と上司により決定した納得できる評価をもとに、フィードバックで今後の取り組みにつなげます。


自己申告制度
現在の本人の状況や、会社に伝えておきたいことを年に1回提出します。